Tc103ウラ53との出会いTc103

ありし日のウラ53 (根岸駅にて)
 Nゲージで京浜東北線103系を集めていた高校生の頃、適当に番号を付けていたクハ103-288が実際に京浜東北線で走っていた。通学途中にナンバーをメモしていた時の発見だった。
 編成全番号をそのまま再現しようと、各車を調査したところ、前後クハを除く中間車全車が昭和48年3月23日新製出場という事を知った。それは奇しくもの生年月日と同一だった。
それからウラ53の追跡が始まる。

Tc103トップのページへもどるTc103